オンライン学習で歯科医師国家試験対策!予備校の活用法

オンライン学習で歯科医師国家試験対策!予備校の活用法歯科医師国家試験は2023年度の合格率が60%程度となるなど、歯学部を卒業しても簡単に合格できるとは言い難いレベルです。

大学による国試合格率の差が大きいこともあり、歯科医師国試対策に不安を感じる歯学部生や既卒生もいるでしょう。効率よく国試対策を進めるには、歯科医師国試予備校を利用してオンライン学習を行うのがおすすめです。

歯科医師国家試験対策に役立つ予備校の選び方

歯科医師国家試験対策に最適な予備校を探す場合、まずはオンライン指導に対応しているかを確認しましょう。

地方の歯学部に通っている場合だけでなく、卒業後は地元に帰る予定の歯学部生なども、インターネット環境さえあればどこからでも受講できるオンライン指導が便利です。通学可能な範囲に歯科医師国試予備校があっても、通塾時間を削減できるオンライン学習を選ぶことができます。

 

また、オンラインでプロ講師によるマンツーマン指導を受けられるかどうかもチェックしてください。映像を見るだけだと苦手分野の克服など個別の対策を行いづらいです。国試合格に向けていつ・何をやればよいのかが明確になる学習計画作りのサポート有無も重要なポイントです。

歯科医師国家試験の学習方法と予備校の活用法

歯科医師国家試験の学習方法と予備校の活用法

歯科医師国試対策では、3人に1人程度は不合格となることを考えれば他の受験生をリードしておくことが大切です。進級試験対策にばかり目を向け、忘れてしまっている知識がないかを見直し、学習不足の単元を早めに見つけて対策を行いましょう。

歯科医師国試予備校では、自分の学力や最新の歯科医師国試の傾向を踏まえたピンポイントの対策を受けることが重要になります。学習効率を高めると同時に、自分が学んでいることが国試合格にどう役立つのかをイメージし、モチベーションアップにも役立てることが可能です。

 

歯科医師国試対策に役立つ教材には、「歯科国試ANSWER」シリーズ(TECOM出版)があります。歯科医師国試過去問の解説に加えて、正答率などのデータが示されており、どの問題に優先的に取り組むべきかを判断しやすいです。分野別シリーズのため、苦手分野の対策を先に進めるなどの工夫をしやすくなっています。

「歯科国試パーフェクトマスター」シリーズ(医歯薬出版)も役立ちます。写真や図を豊富に用いており、視覚的に知識をインプットしやすいです。歯科医師国試の出題基準変更にも対応した内容で、国試対策の重要ポイントを効率よく整理することができます。

オンライン予備校の活用:歯科医師国家試験対策

歯科医師国家試験対策の効率を上げるには、オンライン予備校の活用が望ましいです。

通塾時間を無駄にせず、限られた時間を有効に使って苦手分野の克服や頻出テーマにおける知識の整理などを行えます。

講師と双方向のコミュニケーションができるオンライン予備校もあり、全国各地から優秀な講師のマンツーマン指導を受けられる仕組みです。

歯科医師国家試験対策予備校の費用と割引情報

歯科医師国家試験対策予備校の費用と割引情報

歯科医師国家試験予備校は複数あり、それぞれ特徴が異なります。以下は、主な歯科医師国試予備校の授業料などを示しています。

主な予備校名 入学金 授業料 割引制度
DES歯学教育スクール 2,420,000円(本科生コース) 早期入校特典(20%割引)など
麻布デンタルアカデミー 2,200,000円(通学コース)、1,980,000円(配信コース) 要問い合わせ
CES歯科医師国試予備校 55,000円(現役生)、220,000円(既卒生) 33,000円/1コマ(90分) 要問い合わせ

DES歯学教育スクール

DES歯学教育スクールは、過去問の分析力に強みがあります。模試を含めた様々な教材で歯科医師国試の問題を多数的中させており、安心して国試本番に臨めるサポートを行うことが可能です。また、精鋭の講師陣が歯科医師国試の傾向変化に対応し、新傾向の出題にも対応できる力が身につく取り組みを行います。

教材費や面談などのサポートを含めた授業料は本科生コースで242万円です。3月末までに入校すれば授業料が20%割引となる早期入校特典などの割引制度があります。教育ローンのほか、金利が発生しない分割払いでの支払いも可能です。

臨床に関する知識を問う問題への対策では、実際に歯科治療で用いる器具を使用した講義を行います。歯科医師国試や時代に伴う変化を踏まえ、国試に合格し、歯科医師になるために必要な知識を得られるカリキュラムです。

麻布デンタルアカデミー

麻布デンタルアカデミーは、既卒生の合格者を多数出しています。通学コースでは少人数制のミニセミナーで弱点補強を徹底するなど、生徒一人ひとりにあわせた学習環境を提供する仕組みです。配信コースではオンラインでの質問対応や学習相談を行うなど、それぞれの学習形式のメリットを活かした指導を行います。

通学コースで220万円、配信コースで198万円の授業料には担任による個別サポートや年6回の麻布模試受験料、講義テキストなどの教材費が含まれます。配信コースにも通学コースの講義に最大10回参加できるスクーリング制度があり、オンライン学習を中心としつつ他の受験生の様子も体感したい場合にも便利です。

麻布デンタルアカデミーの配信コースでは、収録した通学コースの講義が1週間ごとにまとめて配信されます。いつ・どの順序で視聴するかを自分で決めることができ、柔軟なスケジュールを組みたい人も安心です。講師やスタッフが講義の視聴状況を確認し、適宜サポートを行います。

CES歯科医師国試予備校

CES歯科医師国試予備校では、完全1:1の個別指導で生徒一人ひとりのニーズに合わせた国試対策を行います。大学ごとに異なる授業内容を踏まえて、効率よく学習できるカリキュラムを組む方針です。学習カウンセリングによるメンタル面のサポートにも力を入れています。

完全個別指導に特化した歯科医師国試予備校のため、1コマ(90分)当たりの授業料が明確になっている点も安心です。苦手科目の対策や、難化傾向の最新の歯科医師国試への対応力を個別に磨きやすくなっています。オンライン指導に慣れた講師による個別指導を受けたい歯学部生・既卒生に最適です。

歯科医師国家試験対策:模擬試験とカリキュラム

歯科医師国家試験対策:模擬試験とカリキュラム

歯科医師国試は不合格者が少なくない試験のため、自分ではきちんと対策ができているつもりでも不合格になるリスクがあります。国試本番で戸惑うことのないよう、模擬試験を受験しておくことが大切です。

歯科医師国試向けの模試には、DESの全国統一模擬試験があります。ほぼすべての歯学部生が受験する模試で、偏差値や全国順位も出るため他大学の歯学部生のレベルを知る貴重な機会としても有意義です。

また、麻布デンタルアカデミーが実施する基本模擬試験(ゼロ模試)や年3回の全国公開模擬試験なども有意義です。時期に応じて模試のレベルが異なっているため、まずは基礎学力を客観的に把握したい人にも役立ちます。

歯科医師国家試験対策のための学習環境づくり

歯科医師国家試験対策のための学習環境づくり

歯科医師国家試験対策では、高い学習モチベーションを維持できる環境づくりが大切です。歯科医師国試予備校でのオンライン学習を行うことで、1人で学習する場合と比べて学習管理がしやすくなります。

合格率が決して高くない歯科医師国試に向けて、予備校の講師によるサポートを受けることで安心して学習を進めやすくなる点も魅力です。

特に、完全マンツーマン指導を行うオンライン予備校では、自分に合った環境で歯科医師国試対策を進めやすくなります。